MENU

スキンタッグが出来やすい人、出来やすい箇所は?

スキンタッグがカラダのどこにでも発生する可能性はありますが、比較的できやすい場所というものがあります。

 

また、加齢によって誰にでもできるものですが、比較的スキンタッグができやすい人というのもあります。

 

スキンタッグでお悩みの方は自分が当てはまるかどうか?一度チェックしてみてください。

 

スキンタッグが出来やすい場所は?

スキンタッグはカラダのどこにでもできる可能性はありますが、基本的には原因である紫外線が直接よく当たる場所、かつ皮膚が柔らかく薄いところにできやすい傾向にあります。多いのは、顔や首、胸元、手の甲など。

 

スキンタッグの色や大きさ、また一個だけできるか大量にできるかなどは個人差がありますが、たいていの場合はいずれかのパターンに当てはまるケースがほとんどです。

 

スキンタッグが出来やすい人の特徴とは?

スキンタッグは男性でも女性でも、また年齢もほぼ関係なくできるものではありますが、やはり老人性イボと言われるだけあって、全般的には更年期を過ぎた高齢層に多く見られます。

 

その証拠に、60代では約80%の人が、80代になると100%の人が多かれ少なかれこのスキンタッグが出来ていると言われています。

 

また、肥満や糖尿病の人、妊婦さんや産後のママさんなどにも出来やすいという話もあります。ただし、スキンタッグには体質や遺伝的な要因もあるので、自分の家系や両親が老人性イボが多いか?少ないか?なども一つの目安にはなるでしょう。

 

まとめ

一般的にスキンタッグができやすい場所、できやすいタイプの人などを紹介しましたが、もちろん例外も普通にあります。自分がまったく当てはまらないからといって心配する必要がありません。

 

いずれにせよ、良性の腫瘍で健康被害などはないので、放置しておいても問題はありません。ただ、見た目が気になるという理由から除去したい人がほとんどなので、そういった方は適切に対処しもとの綺麗に肌を取り戻しましょう。

このページの先頭へ