MENU

老人性イボは大きく4つの種類!それぞれの特徴や治療法を解説

スキンタッグと一言でいっても、大きさや成長具合によって名称が変わることをご存じでしょうか?

 

いざ出来てしまっても、自分のイボが今どの段階なのか?把握できないと適切な対策がとりにくいと思います。もっとも効果的なケアをするためにも、自分のイボがどの状態なのか?以下を参考にチェックしておきましょう。

 

脂漏性角化症

脂漏性角化症はスキンタッグになる前のもっとも初期段階の状態です。

 

年齢を重ねるごとに発生しやすくなるイボで、紫外線などがあたりやすい顔や手の甲などにできるシミのようなものです。一見シミかホクロのようにも見えますが、指でひっかくと剥がれ落ちることがあります。

 

これはウイルス性ではない良性腫瘍なので、健康上の問題はありません。治療せずに放っておいても大丈夫ですが、見た目的に老けて見えるなど美容上気になるケースが多いので除去する人も多いですね。

 

美容クリニックや皮膚科でも治療は可能ですが、この程度ならセルフケアで十分綺麗に治ります。

 

アクロコルドン

アクロコルドンもスキンタッグの前段階の状態ですが、脂漏性角化症と比べるとプクッと突起が大きめで、手触りも明らかにイボとわかるように盛り上がった状態をいいます。ただこれも良性腫瘍なので、放置していても健康被害はありません。

 

アクロコルドンは比較的小さめのものが多いので、これも皮膚科や美容外科にお世話にならなくてもセルフケアで十分対応できます。病院での治療法としてはハサミ切除が多いので、痛いのが苦手なかたはとくに自分でスキンケアで治そうという人が多いですね。

 

スキンタッグ

先ほど言った通り、アクロコルドンが成長してよりブツっとイボ感が強くなった状態をいいます。色は皮膚と同じ色や黒っぽい色さまざまですが、良性腫瘍が成長しただけなので見た目の問題を除けばガン化などの被害はありません。

 

ただ首にできることも多く、ブツっと突起が大きめな場合にはアクセサリーなどが引っかかったりするトラブルもあるので、あまりにも邪魔な場合や大量に発生するような場合は早めにとってしまった方がいいですね。摩擦がひどく炎症に発展する場合もあるので注意が必要です。

 

この段階でもイボ取りクリームで毎日ケアすれば除去は可能です。ただ、どうしても今すぐ取りたいという緊急性を要する場合は病院にいってカットしてもらった方が早いですね。
病院ではハサミカット、液体窒素、レーザーカットなどそのクリニックによって様々ですが、保険適用外の高額なものもあったり傷跡が残る場合もあるので、事前にしっかりと説明を受けて納得の上施術を受けるようにしましょう。

 

軟性線維腫

軟性線維腫はスキンタッグがさらに成長し大きくなったもので、皮膚にくっついたようなイボでコロコロしていて、大きさは直径5ミリを越えるようなものを言います。

 

いきなり出来るというよりは、スキンタッグを放置していると成長して徐々に大きくなり、このようになるケースがほとんどです。加齢とともに出来やすくなる傾向ではありますが、もともとの体質や遺伝的要素もあると言われています。

 

顔や首にここまで大きくなイボが出来るとさすがにかなり目立つので、見た目が気になる場合はさっさと取ってしまったほうがいいでしょう。軟性線維腫は良性腫瘍ですが、悪性のものと見分けがつきにくいこともあるので、心配な方は病院で専門医に診てもらうことをおすすめします。

 

イボ取りクリームでも根気よく続ければ取れますが、あまり大きいようであれば皮膚科や美容外科で切除してもらうといいでしょう。

このページの先頭へ